読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「好き」の源泉かけ流し♨

硝子の少年も WAになっておどって おみくじHAPPYになれば ええじゃないか!

THE MUSIC DAY ~あけましておめでとう~

 

 

 

 

下半期明けましておめでとうございます!
THE MUSIC DAYのWEST、KinKi、V6そしてシャッフルメドレーで無事年越しました。
え?関ジャニ∞?出演してましたっけ?(記憶から抹消したい)

 


2つ前の記事では、勢いに任せてVenus組にだけはその日のうちに気持ちをつづっておきました。

 

osnb.hatenablog.com

 

 

今回は1日の鬼リピートを越えての感想を残しておきます。

 

 


*ジャニーズWEST/バリ ハピ
新曲をようやくきちんと聴けました♡
午前中の「正義のミカタ」・「あほすき」大阪生放送組のしげこたじゅん。
疲れも見せず、にっこにこでご登場。マリンルックのイケメン7人衆、癒し。
一族さんの後に出てきたから、やっぱりジャニーズって華奢な体つきしてるんだなぁと思いました。
で、新曲。照史くん・神ちゃん・濱ちゃんのバク転きれいだったなぁ~!
こころなしか、照史くんのはゆっくりだった気がするけど、突っ込まないでおこう…。
冒頭の手つなぎで輪になってぐるぐるするところ、7人ともが本当に楽しそうに、若干照れながらも笑顔全開なのを見て、これ以上に平和な光景があるだろうか…と真顔になりました。
だって、平均年齢約23歳の男の子7人があんなににこにこでお手手つなぐなんて…!これをバリハピといわずしてなんというか!
ラストの決めピースで相変わらずお得意のギャルピースしてくる中間さんに悶えてました。ご馳走様でした。

 


*ジャニーズスーパーヒットメドレー
CM前で特筆すべきは、桐山照史さんの気遣い力。
自分がカメラアピールした後、「後ろ、映れてる?」とでも言うような顔でそれはもう自然に屈んでいました。
これだから照史くんはリア恋枠と言われるんでしょう…Say!\あっくん結婚して!/

 

さて、過去の予想と比べて、どんな感想をもったのか。 

osnb.hatenablog.com

 

 

・硝子の少年
ツイッターで流れてきた「強化ガラスの少年」が的確過ぎて笑いましたw
滝沢さん、亀梨さんあたりが、正統派としてKinKiの世界観を纏っていたように思いました。
長瀬くん、手越さんは、KinKiっぽくないけど、でも圧倒的なフロントマンオーラを感じた。
問題は渋谷さん。昨年に引き続き、しゃくれ…w 亀梨くんをも笑わせてしまうクオリティw
去年は「渋谷さん、ちょけてる~かわいい~」って見てたんですけども、
今年は「『硝子の少年』ではちょけんなや。この面子ならガチでカッコつけてほしいわ(真顔)」ってなりました。←
手越くん、渋谷さん、長瀬くんの声でバトル勃発してた…w

 

・MADE IN JAPAN
どうあがいても小瀧望MVP!!!自分が生まれる前の曲を踊るのんちゃん…!
高身長・手足長い彼には、ぶいさん初期のユーロビートがしがしダンス曲が良く映えます。またダンスうまくなってるような気がする。いい加減に力が抜けているというか。
さすがの踊りなれた感を出していた櫻井小山コンビと、ガムシャラ踊りなヒナちゃんも◎。
ふわふわかわいい綿あめ系男子イメージの強い有岡くん伊野尾くんが、男らしさ全開でがしがし踊っててときめきました。前髪で顔隠れた伊野尾慧氏の色気は反則級。

 

チャンカパーナ
重岡大毅、最早NEWSメンバーかと疑うレベルの馴染み具合。完璧すぎる…!
横山さんの必死感、上田くんのうごうご感、いい味出してますw
松兄最後電話かけてますよね…w


・Venus
これについては先述しましたので。 

osnb.hatenablog.com

 


追記。
カメラが寄ってきてばっちり目線送る端っこの2人(中間・山田)はさすが若手王子枠。カメラの向こうの何人の女の子を虜にしてるの?
それから、坂本さんの冒頭ピロピロを、チャンカパーナの名残では?と言っている方をお見かけして、納得しましたwww
しっかり光一さん坂本さんの歌声が聴こえたのが嬉しい。
下ハモは大倉さんかな~?


・BIRTH
文句なし森田剛さまセンター!!!尊い。絶対的センター
踊る山口くんもかっこよかったです。踊るTOKIO兄さんもっとみたい!
相葉さん、歌声もルックスもダンスもすべてにおいてイケメンでした…(脱帽)
亮ちゃん、予想はしてたけどなんでこのかっこいい曲でにやけてるのー!もったいない!!!(ぷちおこ)

 

無責任ヒーロー
照史くんが上ハモ任されている…!!!!!(号泣)
照史くんは「これぞ、無責任ヒーロー」というリアクションをしてくれていて、やっぱり長年バックについていたからこそ、わかってくれてるなぁと感動しました。
なんだかうまく言えないんだけど。
エイトの出世作である一方で、全力おふざけ曲でもあるこの曲は、ただただふざけてカバーされると、私はちょっと腹が立つんです。
このチーム、照史くんがいなかったら「無責任ヒーロー」として成り立たなかったと思います。


・ええじゃないか
歌い始めでWESTではおなじみのええじゃないかポーズとってくれてるのに感動!
そして予想通り井ノ原さんが後輩ズに絡んでいて笑った(笑)
放送終了後に見返して気づいた、シゲアキさんが振りをつけてくれている件。
らじらーでの裏話聞いてほろりとしました。シゲ、ありがとう…!!!

 

・ウィークエンダ―
神ちゃんのポップがたまらない…!!!
もともと私、二宮さんとか、やすくんとか、ポップをきちんとめりはりつけて踊る人が大好きで。この組には私の「踊り方が好みな人」が集まっていて、かつ踊るのがウィークエンダ―だなんていう、おいしすぎる取り合わせでした。
それから、歌声もほとんど神ちゃんしか聞こえなくて…(笑)
神ちゃん大躍進!これ、テレビ局の偉い人がたくさん見ていて、神ちゃんにお声がかかるといいな。
1人だけどうしても違和感がぬぐえないロイヤルお博様。なんでだろう…なにが違うんだろう…(謎)

 

・One Love
堂本剛岡田准一のユニゾンとか反則。しぬ。
黒髪つよしさん、幼く見えるなぁ。かわいい。
丸ちゃんに絡まれて、照れて歌えなくなっちゃった流星くんも花丸でした。かわいすぎる。


・LOVE YOU ONLY
SP岡田氏、つよ王子を頼んだw
「増田ハッピーバースデー!」って言ってくれたのは松兄?イケメン過ぎる。

 


*KinKi Kids/全部だきしめて、SPEAK LOW
CM前の登場で、さりげなくVenusの振りやってる光一さんおちゃめ(笑)
でも、その手振りだけだと「お金よこせ」みたいに見える…w

「こいつ奈良やから」…うん!相方愛!万歳!(塵芥となりぬ)
ギターなしの「全部だきしめて」は新鮮でしたが、一番嬉しかったのがコール!

 

 


ツイッターのTL上でも、KinKin担当以外のかたは「あんなコールあったんだ!」ってたくさん見かけて。会場にはKinKi担当さん少なかっただろうに、勇気をだしてコールしてくれたこと、とてもうれしく思いました。
SPEAK LOWを聴いたら早くMコンDVDを観たくなりました。あと何か月待てば発売かしら…(遠い目)

 

 

*関ジャニ∞/前向きスクリーム、ワッハッハー
…え?関ジャニ∞、歌いましたっけ?(すっとぼけ)
やすくんが、なかなか鳴かない鳥を鳴かせたらしく、すごいってことだけはわかりました。以上です。←

 

 

*V6/スペシャルメドレー
「櫻井くん…付き合って下さい…(ガチトーン)」ってwww
いやいや井ノ原さん既婚者だし子ども2人いるでしょwwwもうwww最高www
そのふざけ具合と、「全部できるとは思わないけど、できる限り恩返ししていきたい」っていう謙虚な姿。ギャップ大きすぎてくらくらしちゃいます。

 

・WAになっておどろう
冒頭、セクハラしにいった井ノ原さんを避けるかと思いきや、ノリノリでお尻を差し出す自担様…www
ふざけながらも歌声はのびやかでピカイチで…心がぐっちゃぐちゃでしたわw

 

MUSIC FOR THE PEOPLE
少年倶楽部やらで、ジュニアがMFTPをカバーするのは何回か観ましたが。
やっぱり本家の迫力は桁違い。

 


イントロの縦列の揃い具合は鳥肌が立ちました。あぁ、早くコンサートに行きたい。

20年前の曲なのに、古さなんて全く感じさせない。それがすごいです。


・Darling
去年のテレ東音楽祭(仮)で番協に参加し、目の前で坂本くんが踊ってくれたことをFLASH BACKしました。

 

・愛なんだ
剛くんが岡田さんの肩を自ら組みにいった…!?
これは事件です。びっくりしました。

 

TAKE ME HIGHER
LIVEバージョンやぁぁ!!!!と沸き立つ血。
「Wanna take baby,baby take me higher!」から始まるこのバージョン、最強に高まって大好きです。
きっちり最後までおどって、これでおわりか…!すごくよかった…と放心していたら

 

・Wait for You
まさかの新曲。去年に引き続き、同時間帯放送のトニセンラジオで流したばかりの新曲(笑)
この曲、ちゃんと聞くのは初めてだったんですが、歌詞を見ていたら気付くと涙ぐんでいました。

 

「あの上 もっと もっと上」
「Ready to jump? もっと高く」
「I'll Wait for You」

 

20周年という節目を迎えて、過去を振り返る企画が多く用意されている中、もっと上へ、もっと高みへ、と歌い、そしてまるでファンへ手を差し伸べているかのような振付と共に「待っているよ」と歌われたら。
泣くなというほうが無理です。
現状維持ではなく、挑戦し続けるV6。ベテランだからこその地に足の着いたペースで、でも確実にレベルアップしていこうと覚悟を決めている姿に、胸が震えました。
うまく言えないけれど…この歌に、V6がダンスグループとして、後輩たちの追随を許さない秘訣が込められているような気がしました。

ラストの縦列からの細かなステップが美しかった。
これ、コンサートで観たら確実に泣く。

 


関ジャニ∞の演出を除けば(重要)、日テレさんに一生足向けて寝られないくらいの神番組でした。ありがとうございました!!!
来年も関ジャニ∞があんな感じでお笑い担当になるなら関ジャニ∞の持ち歌コーナーいらないです!シャッフルメドレーだけだしてくれればそれでいいので!!!(過激派)

エイトの直属の後輩だから、WESTもいつかあんな扱いされるんじゃないかと戦々恐々としてるけど…我らがプロデューサー・中間淳太氏と藤井流星氏がいる限り、大丈夫なような気がしてる。
淳太くんはきっとそういうの、ちゃんと突っぱねてくれると、勝手に信じています。