読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「好き」の源泉かけ流し♨

硝子の少年も WAになっておどって おみくじHAPPYになれば ええじゃないか!

その一言に、喜んで6200円+手数料を払おうじゃないか!

 

 

上の最後の一言にチケット代払わせてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「パリピポ」の大阪城ホール公演2日目に参加して、燃え尽きました!
私のパリピポオーラスでもあったんですが、全く悔いのない、満足感に満たされた気持ちで城ホールを後にすることができました。
こんなに、楽しかったー!あと数か月生きられる!と手放しで思えたコンサートは久々です。*1
少し時間が経ってしまいましたが、時系列とか無視して、思ったことをつらつらと書き残したいと思います。

 

 


完全燃SHOW!
予想通り、大阪2日目だったのでものすごく盛り上がりました。彼らにとってホーム感の強い、城ホール公演だったのも大きいかもしれません。客席とステージの一体感が半端じゃなくて、コールも振りも熱量がものすごくて。いわゆる「天井席」と呼ばれるところでしたが、冒頭は熱気でクラクラしてしまいました(笑)
ステージは生き物だ、という言葉もありますが、やっぱり、マチネよりもソワレが、1日目よりも2日目の方が盛り上がりやすい傾向にあるのは、経験上確かだと感じてます。だからと言って、盛り上がらないのが悪いとかではなくて、単に、客席とステージの呼吸が合うかどうかの違い。それも含めて「ナマモノ」のステージが私は好きです。
ただ一つ言えるのは、もしこれからパリピポ参戦する予定がある方で、トータルで2回以上参加する方がいれば、1回だけでも双眼鏡を置いて踊り狂うスタイルで見てみてほしいなぁと思います。
名古屋は担当しか観ない方式で行って思う存分淳太くんを見られて幸せでした。一方、大阪は時々うちわもペンライトも置いて全力で踊り狂ったらもうほんとに楽しかったです!コンサート全力でやりきった!満喫した!という充実感に満たされながら環状線に乗ってました(笑)
特にアカンLOVE!きっとメンバーもアカンLOVEの時は客席そんなに見えてない*2と思うので…あれは全力でやったもん勝ちです。是非お試しください。


コンサートのミカタ
名古屋ではひたすら淳太くんだけを見てしまったので、今回はメンバー全員を観よう!と心がけました。
無論淳太くんが1番気になってはいたんですが、神様の悪戯で、淳太くんは私のいるのとは反対側の外周に行くことが多く、しかもモニターでちょうど見えなくなってしまう立ち位置だったという…w
必然的にメンバーみんなを見ることになりました(笑) …うん、私、ある意味ラッキー!笑
おかげで今回は均等にメンバーの表情が思い出せます。比較的兄組をみがちな私ですが、7WESTがよく前の通路を通ってくれたので、じっくりと拝むことができたのは嬉しかったです。そのせいか、城ホール公演の後からジャニーズWESTの見方に変化が現れたような気がしています、がこれは別記事に…。

客席を心底いとおしそうに見つめていたしげかみのお2人が印象的でした。

 

 

初めての大阪城ホール
関西組の大舞台への一歩である、城ホールでの公演に入れるということでものすごくわくわくしていました。が、いざ入場するときは案外あっさりしたものでw ちょっと拍子抜けした気持ちもあります*3
私の中で大阪城ホールは関西組の聖地のような認識になっていたので勝手に大きい会場だと思っていたんですが、意外ときゅっとした会場だという印象を受けました。
最近ガイシホールに入ってないから感覚が狂ってるかもしれませんが、ガイシよりも小さい?と思う程度にはこじんまりとしたように感じます。

 


アリーナ公演
会場内に入って驚いたのは、セット!
センチュリーホールの時は、階段セットとモニュメント一対、そしてスクリーンというこじんまりとしたものでしたが、天井に「WEST」の文字の電飾セット!外周!そして360度ステージ!!!
というアリーナ仕様のセットに大興奮してしまいました。スタンド上層席だったので、この「WEST」電飾が目に入りやすく…コンサート中でも様々な色に光って、派手さを助長させてました。
名古屋でやっていたのと本当に同じ演目?と疑うぐらい、セットリストと演出がイキイキとしていて、これが観たかったんだ!と何度も思いました。
アリーナでの公演を観て、この祭民コンはアリーナ仕様で作られていることを確信しました。だからホールの時には窮屈そうな、いまいち曲や演出の良さを活かしきれていない印象を受けたんだなぁと納得。
特にレーザーを使った演出は、ド迫力でした。やっぱこれだね感、といえば伝わるでしょうか(笑)
センチュリーホールでのコンサート帰りに姉様がぽつりと言った、「WESTはもうホールの器じゃない。アリーナいかないと。」(ニュアンス)という言葉を身に染みて感じました。

 


世界一の浜中文一くん
浪速一等賞の途中から濱ちゃんの呼び込みで関西ジュニアの浜中文一くんがステージに登場!突然「僕の彼氏の…」みたいなこと言い出すので何事かと思いましたわw
噂に聞く「文一くん」を初めて見たっていうのと、自分が入った公演でゲストがステージに上げられるのを見るのが初めてだったのでものすごくテンションあがりました。誰か関ジュ観に来てるかなぁとは思ってましたがまさか文一くんとは!WESTの7人もめちゃくちゃ嬉しそうにしてたのが印象的でした。そのままMCも6割ぐらい文一くんに頼ってたし(笑)
濱ちゃんが本当に嬉しそうに文一くんと喋っていたこと。小瀧重岡さんがかまちょな弟を発揮して次々にボケを強要してたこと。それを優しく端から見つめる淳太くん。手を叩いて大笑いしてた照史くんと神ちゃん。
私が見ることのできなかった数年前の「関西ジャニーズジュニア」はこんな感じだったのかなぁ、と想像を掻き立てられました。
ただ、「8人目のジャニーズWEST」発言はいただけない…うーん、そこデリケートなところちゃうんか…と聞き流しましたけどね。
それにしても、文一くんってほんとにおもしろい!独特のテンポの喋り方と、まさかの方向性のボケ方…個人的に一番ツボったのは「硝子の少年」でキンキ歌うかと思いきや、まさかのピノキオ的なガラスづくりの少年の像を演じたところ!そうきたかーwwwww と崩れました、はい。
文一くん、白シャツに黒パンツと黒のキャップ被ってるだけのシンプルスタイルだったけど、さすがはジャニーズ、かっこよかったなぁ。肌が白いから金髪もお似合いでした。
春松竹のレポで観てて大笑いした、「もとの木阿弥」芸も観られて嬉しかったぁ~♥*4

 


関西ジュニア
名古屋ではいなかったメンバーがいく人か増えていたバックの関ジュくん。おかげで念願の「Sorry Sorry Love/関ジャニ∞」も観れました♡
優馬くんのMステ出演時HOTワードかっさらってったリチャードくん!生で観れましたよ(笑)
C&Rコーナーでは、「塩麹よりも~?\向井康二/」をやれたのでこちらも大満足。
一緒に入ったお友達が推してる大橋くん?と、林真鳥くんの時の歓声が一段と大きかった気がします。私は向井くん室くん西畑くんしかわかりませんでしたけども…勉強不足でごめんなさい←
関ジュのコーナーでは、どの子もしっかり踊れてて、存在感があって、迫力があって、ほとんどが自分より年下だということに驚きを隠せませんでした。
ガムシャラで、若さに溢れてて、「俺をみてくれ!」っていうパワーが爆発していました。いいな、あの力強さ。

 


R18のリアルに「“アカン”LOVE」
「アカンLOVE ~純情愛やで~」では、先述の通りうちわもペンライトも打ち捨てて、お友達と全力で踊りました。これが!なんと!楽しかったことか!!!その代りほとんどメンバー観れてなかったと思いますが(笑)
近くに来たメンバーに向かって「ピロピロ~!」ってやるの楽しすぎます。
重岡さんに負けないくらいのノリノリテンションで踊るとめちゃ楽しいです。是非皆さんにもやってほしい!(笑)
間奏の振り真似タイムはやたらとR18で戸惑いながらもおもしろかったです。WESTくん「ボンボンキュ ボンボンキュ セクシーダイナマイト!」気に入りすぎw
そこで、胸をやたらと強調させ、決め台詞では公共の場でおっぱいが好きぃぃ!!!!と絶叫する最年長中間淳太くん(27)。
その発言にきゃぁぁぁ!!と沸きながらも、次の瞬間には「何言ってるんだいい歳してこの人頭大丈夫!?」って言い合っていた共に淳太くん担当の私とお友達。←
2日後の「正義のミカタ」で、淳太くんが国際問題に対する鋭い質問をしているのをツイッターでみましたが、
「いやでもこの人数日前には大阪城ホールの1万人弱の前でおっぱい好きって絶叫してたんだよなーほんとに同一人物かなー」と思ってしまいました←
今後のキャスター路線に影響がでないといいんですがw

 


生歌
濱ちゃんを筆頭に、神ちゃんとのんちゃんも?結構音程を変えて歌ってました。(のんちゃんはミスかもしれない)
ライブ感があって、どきどきしました。しかもアレンジもハマってるし!かっこよすぎ!
のんちゃんは、名古屋で聞いたときよりものびやかに歌っている気がしました。間違えてもいいから、気持ちよく歌おう!と吹っ切れていたというか。
村上信五式ですねわかります(笑) 堂々としてて格段に良い声になってました。

 

 

The coolest menber
私、名古屋と大阪で2回コンサート観ましたけれど、コンサートの全ての記憶の中で一番カッコイイ!!!!と思ったのは実は神山智洋くんでした。←
*5
ツイッターでは「PARTY MANIACS」での流星くんの「what?」が一番かっこよかった!と言っている方を多くお見かけしました。
もちろん、あのシーンも膝から崩れ落ちるほどかっこよかったんですけど、私の中で流星くんはカッコよさの殿堂入りをしていまして(笑)
流星くんはいつ何時どんな衣装を着てどんなヘアスタイルをしていようがイケメン、というのが私の中の認識です。なので、あのシーンでも“当たり前に”流星くんはカッコよかったんです。
では私が一番カッコよかった、と思ったのはどこかというと、やはり「PARTY MANIACS」ではあるんですがその冒頭の神山くんのRAPです。
CD音源よりも高く、力強く、艶のある声で「It's time!!!!」と叫ばれて、ぞくぞくしてしまいました。
神ちゃんってこんなに雄だしてきてたっけ、と震えてしまいました。普段はにっこり笑ってるイメージの強い同い年の男の子に、あんなにゾクゾクさせられたという事実が忘れられなくて。心奪われました。一瞬神山担を名乗りたくなりました(笑)
名古屋の給水事件とこのパリマニRAP観て以来、私の中で神ちゃんがアツいです。「もっと神ちゃんの魅力に世間は気づくべきだぁぁぁ売れろぉぉぉぉ」と毎日思ってます(笑)
それから、同じく「PARTY MANIACS」の2番神山くんソロ「Let me see you get low」で文字通り“get low”してる神山くんが最高にエロかったぁぁぁ!!!
この振りは、名古屋公演の帰りにに姉様から「あそこの神ちゃんがめっちゃえろかった!」と聞いていて*6
大阪では絶対に見逃さない!と決めていたのです…いやまじあれはほんとおえろかったです神ちゃん…
そんなわけでパリピポコンを通して私は神山くんの魅力に惹きこまれてしまいました。もちろん淳太くんもものすごく、ものすごーくかっこよかったんですけど!
やっぱり不意打ちの威力は絶大です。

 


自担・淳太くんがやっぱり大好き
7人全員観ていたといいながらもやはり目は自担を追ってしまうもので。特にMC中はゆっくりと淳太くんを観察できました。文一くんが喋っていてくれたからか、ステージに腰かけたり、客席のほうによそ見したりして完全休憩モードに入っていました(笑)
MC明けの客席煽りで客席に「ウホッ!」って返しをさせておいて、ぼそっと「かわいいなぁもう…」と呟いていたのがガチすぎて…お友達の言葉を借りるなら「まじもうギルティ」です。有罪。
にっこにこ笑顔で全力の大きい振りで踊る淳太くんを観ているときほど幸せな時間はありません。1曲目「青春ウォー――!!」とか、アンコールの「パリピポアンセム」とか。
いつもは冷静に俯瞰でグループをみてて、ツッコミに忙しい彼が、コンサート会場では自己解放してぶっ壊れて楽しんでいる姿を見せてくれているというのがたまりません。
それから大阪2日目では、照史くんのナイスアシストによってドSお淳太様が降臨して、淳太担2人で入っていた私たちは膝から崩れ落ちました。
それがこの記事のタイトルにもなっている“一言”。

公演直後の私のつぶやきでは

 

 

となっています。アンコールかWアンコール前におねだりさせられた…(笑)
もう、ほんとに明日死んでも悔いはないっていうくらい絶叫してました(笑)
羞恥心の欠片もなく、はしたなくお淳太様におねだりしてしまいました(笑)


後から調べたところ、「淳太くん」とメモしてる方もいますし、「ねだってみぃや」とメモしてる方もちらほら。私はあまりの衝撃に頭が真っ白になって、お友達と共に崩れ落ちて震えていたので記憶が定かではありませんw
一言一句覚えていたわけじゃないですが、それはもう城ホールが揺れるほどの大歓声でした。言った後のドヤ顔もたまらんかった。
この一言のためにチケット代払えるね!!!と言いながら、大阪城公園駅まで歩いて行きました…。
これがいわゆる当たり回*7かと、今でも記憶が薄れないように毎日思い出してかみしめています。←きもちわるい

 

 

初体験☆濱田先生の一本締め
あれ、めっちゃいいですね。祭は終わった!って感じがして。お疲れ様でした~!って帰れる(笑)

 


初の同担さんとの現場

初めて、同担のお友達とコンサートに入りまして、その楽しさと盛り上がりにハマってしまいました!
他担のお友達だと盛り上がれない、とかそんなんとは全く別で。
自分が沸いている時に全く同じものを見て隣でも沸いている人がいるというそのシンクロが単純に嬉しい、ということです。
加えて今回ご一緒したお友達が、横浜アリーナ複数回参加していたので、どのタイミングで淳太くんがスクリーンに抜かれるか、ということを熟知していまして…(笑)
おかげで見逃さず絶叫することができました。ありがとう~ほんとに楽しかったです!

 

 

コンサートから一週間以上経っているのに、ぽろぽろといろんなこと思いだして、だんだん面倒になってきました…←
後は当時のツイッターをまとめて貼っておきます。書きたいことが増えたらまた加筆します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パリピポコン@大阪の2日目は、とにかく楽しくて大騒ぎして踊って笑って、幸福感と充実感に溢れて帰ることができました。
あの感動をこんな陳腐な言葉にしかできない自分が嫌になります。
誘ってくださったお友達には感謝してもしきれません。ほんまにありがとう。
本当に楽しかったです。早くDVDにならないかな。

 

 

*1:普段はロスが大きすぎて逆にもっとステージ見たいという気持ちが強くなります

*2:ハート型サングラス装着のため

*3:ただのアリーナクラス会場なのに何を期待していたんだろう私は…

*4:裏を返すとジャニーズWESTは一度受けたことを何度でもやりたくなる人たちなんだなってことがわかりました

*5:確認ですが私の担当は中間淳太くんです。これって素焼きの対象に含まれてしまうんでしょうかねぇ?←

*6:その時私は淳太くんの脇あき衣装が衝撃的すぎて他のメンバーはほとんど見れていませんでした

*7:淳太くん担的、という意味で